令和時代になりました。

お天気に恵まれず残念だなぁ…と思うのは間違いで、

雨降りは、悪いものを洗い流し、

浄化すると言う意味合いを持つので

とても素晴らしい幕開けとなるそうです。

 

捉え方一つで、どんより気分がいっぺんに晴れますね。

 

 

今日は、クローバーリーフにとっても新時代?の幕開けです。

兼ねてからお知らせしていたチョコローンの女の子が関空に降り立つ日です。

 

お迎え途中の関空連絡橋は濃い霧に覆われ、先の見通しが悪く、

案の定、定刻より20分程遅れての到着となりました。

 

凄い霧です!

 

 

幸先良いスタートとはいかない雰囲気〜

 

なんだか怪しい雲行き〜

 

 

GW中の国際貨物は少ないのか、倉庫はガラリンとしていました。

 

犬の引き出し手続きも、早く終わるかな?そんな期待と予想に反して・・・・

とんでもない出来事が起こりました!

 

犬の書類は事前に検疫で全てOKを貰っていたので、

あとは当日、オリジナル書類を確認してもらえば承諾を得て、犬の引き取りとなるはず・・・・

 

ん?

あれ?

え?

まさか・・・・!!

 

こんな言葉を並べなくてはならない事案が起こってしまったのです!

 

書類が足りない!

渡された書類はコピーのみ!

 

「バリケンに張り付けているんだな」

 

倉庫で犬を引き取り、書類を探すけど・・・・

え?! まさか!

 

書類が無い! とりあえず、検疫所に連れて行き、確認してみるものの・・・・

 

どれだけ探しても、オリジナル書類が見当たらない!!

 

ショックすぎる!

 

検疫官も、「完璧にして頂いたのに・・・」と気の毒そうに言います。

 

バリケンからは可愛い、可愛い女の子が疲れた表情でこちらを恨めしそうに見ています。

 

 

オリジナル書類がどこで紛失したか分かりませんが、

手元にオリジナルが無い事実を受け止め、係留処置を承諾するしかありません。

 

失意で倉庫に犬を一旦戻しに行きました。

「重要な書類が無いので係留になりました。犬を一旦戻しに来ました」

と告げました。

 

そしたら、奥から待っていたように・・・一人の男性が現れ・・・

おもむろに、外で待機していた同伴者に書類を見せて、何やら説明をしている様子。

 

聞くと、「はがされて床に落ちていました」と言います。

 

それは、ビニールで真空パックの様にされて、全面粘着でバリケンに張り付けられています。

引っ剥がさない限り、絶対に剥がれない代物。

 

なんだか・・・・怪しい・・・・。

 

こんなことがありましたが、犬は無事にお家へやってきて、

ドキドキしてソニーに挨拶をしてくれましたよ!

 

 

今更ですが・・・倉庫での出来事は、全く不可思議。

あんなにびっちりと張り付けられている書類は、剥がさない限り剥がれません。

倉庫の床に捨てられていたなんて・・・・

納得いきませんが、終わりよければ全て良し…という事で納めようと思います・・・

 

 

令和の仕事始めはすったもんだでしたが、

こんな可愛い女の子がクローバーリーフにやって来てくれました。

皆さん、宜しくお願いいたします。☆彡

 

緊張してる様が可哀想。

帰宅後、直ぐに撮影した写真なので仕方ありませんね。

 

 

 

▲TOP