昨年は沢山お休みを頂き、しっかりと休養を取らせて頂きました。色々とご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

 

この数か月間、瞬く間に時間が過ぎていきました。

過ぎた時間は取り戻せるはずも無く、多少の後悔に苦い思いを感じながら・・・の毎日でした。

しかし、考えようで、沢山のお休みを頂いたので手元に残した子達とゆっくりとした時間を過ぎすことが出来ました。

久しぶりにブリーダーとしてでは無く、愛犬家として過ごすことに新鮮な気持ちを覚えました。

 

11月にはファミリー様主催のオフ会に参加させて頂き、身近に皆様の生の声をお聞きする機会にも恵まれました。

クローバーリーフが今後どうあるべきか、どうするべきか・・・・?

真摯に受け止めて考える時間を得ることになり、大変充実した時間となりました。

 

少し離れたところから見直すことで、私とは切っても切れないのだと痛感した次第です。

 

沢山の繁殖犬を引退させたことは、今後のブリーディングには余りにも大きすぎる損失ではありましたが、

新しい家族のもとで幸せに暮らしているその姿を見るにつけ、私の選択に間違いはなく、最善で有ったと思います。

家族になっていただいた皆様には、クローバーリーフの成犬たちの所作一つ一つが誠のイングリッシュコッカーのあるべき姿であり、

愛らしく、健気な様にきっと感動して頂いた事でしょう。

同時に、愛情いっぱいに引き継いで頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今後、クローバーリーフの再興には多くのパワーが必要ですが、

原点に戻って、今一度、大好きなイングリッシュコッカーに向き合いたいと思います。

2019年は、ゆっくりとぼちぼちではありますが、歩みを進めていきたいと思っています。

今年は2匹のローンの女の子が来日予定です。

 

ソリッドは現在探していますので、しばらくお待ちください。

 

時々、こちらで更新していきますので、皆さん、忘れずに見てくださいね!

 

 

▲TOP