ニコールは、1年半前にロシアから来ました。

既にコロナウイルスが猛威を振るっていて、

空輸がとても大変だったのを思い出します。

 

ニコールの前には、

ジョージと言うブラックの男の子がロシアから来ました。

 

クローバーリーフは東欧やロシアなどから多くの子が来ています。

 

 

ロシア人との交渉は、ロシアと言う国のイメージとは大きく違って

実直で真面目な方達と言う印象でした。

しかし、一番大変だったのは、犬を買うための交渉ではなく

日本からロシアへの送金で、

日本から、ロシアへの送金は米ドルかロシアルーブルの取り扱いしかありませんでした。

 

ロシア人は、ユーロでの支払いを希望していたのですが、

日本ではそれが叶わなかったのです。

私の責任ではなく、国間の取り決めなのでどうすることも出来ず

物凄く嫌な思いをしたのを覚えています。(笑)

 

結局、数ある送金法を試して、先方が納得する方法で送金することが出来ましたが、

送金の煩わしさから、二度とロシアから輸入することは無いと思いました。

 

ウクライナは・・・ウクライナは、ニコールを買う前に

交渉していたブリーダーさんがウクライナの方でした。

ゴールドの女の子を探していた時期で、丁度、ウクライナで生後2か月になる

かわいい骨量のあるゴールドの女の子を見つけ、交渉していました。

 

日本への輸出については快諾を貰っていたのですが、

約1年間の預かりを渋られてしまい・・・輸入までは至りませんでした。

このブリーダーさんとの交渉が決裂した結果、

ニコールのブリーダーさんと交渉することになり、ニコールの来日へと繋がりました。

 

今は、特にウクライナのブリーダーさんが心配です。

どの地域の方か分かりませんが、大きな被害を受けた地域でなければいいのですが・・・

 

ロシアのブリーダーさんも、フランスなど西欧諸国にも輸出していた方でした。

現況から、状況が悪くなるのは必至ですから、

ブリーダー業も大変になるだろうと容易に想像できます。

 

たった一人の誤った判断で・・・地球がぐちゃぐちゃになってしまいました。

 

早く元に戻りますように・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOP