ロッティが遊びに来てくれました。

今春10歳になります。

 

ロッティは10年前にイギリスから来て、

クローバーリーフで2度出産し、

引退して新しいオーナー様のもとへ行きました。

 

 

10年前、イギリスで生を受けた子が

はるばる極東の日本へ来たこと自体、

とても数奇な運命であると思いますが、

その運命が酷では無かったという事は

今、目の前にいるロッティを見ると良くわかります。

 

10歳に見えない若々しさ!!

パパもママもロッティが可愛すぎるって♡

 

 

 

「素敵なお姉さんだなぁ~」ドキドキ

 

初めまして!と随分積極的なシェイク!

ほっぺにチュー (^ε^)-☆Chu!

 

ロッティパパとママ、そしてロッティが来たのは

妹に会うためなんです。

妹?うん、妹だよね。

 

フォ―チュナの第2の人生?犬生は

ロッティ家族とご一緒することになりました。

 

この日は初顔合わせで、かなり緊張気味のフォ―チュナでしたが

控えめで優しい子という事はよくわかって頂けたと思います。

 

シニアの御夫婦なので、勢いのあるパピーちゃんよりも

寄り添って歩んでくれる成犬がとても合うと思います。

 

これから新たに教えることは無くて、

環境に慣れることだけですから

時間と共に馴染んできて、ロッティのようになります。

 

私が思い描いていたフォ―チュナの未来像が

理想的な形で決まったことに、うれしくて安堵しています。

 

仔犬の育児に目処が立つまで、もう少しお待ちくださいね。

 

 

フォ―チュナ~♡

あと少し育児頑張ろ~~

 

 

 

 

>>>訪問いただき有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOP